親族だけであたたかく満足度の高い結婚式を挙げよう。

結婚式は誰のために?

結婚式もその時代によって流行があります。盛大な結婚式からあえて式を挙げないカップルまで様々です。そもそも結婚式は誰のために挙げるのでしょうか?自分のため?両親のため?そう考えていくと皆さんに「お披露目する」スタイルではなく親族だけに「お祝いしてもらう」スタイルも式を挙げる一つの目的となりそうです。少人数ならではゲストの好みにも応えやすく満足度も高い式になりますし、何より新郎新婦とゲストの距離が近くあたたかい式になることでしょう。

小規模だからこそお金をかけよう。

親族だけでの結婚式、しかし、身内だからと甘えてはいけません。結婚式は非日常的でなくてはなりません。アットホームになりすぎて、例えば司会を知り合いに頼むとか装飾に手を抜く事はしてはいけません。親族も大切なゲストです。小規模だからといって「費用の節約」は極力考えないようにしましょう。小規模だからこそゲストの好みを反映させたレストランを思い切って選んだり、会場の雰囲気をしっかり作りましょう。距離が近いからこそ非日常的な空間作りは大切なのかもしれません。

結婚式を諦めないで!

結婚が決まって式を挙げようとなったけど、再婚だからとか晩婚だからと諦めてませんか?特に初婚なのに年齢が高いせいで「まわりは子育てで忙しいから式しても来られないし」と諦めてるカップルもいるかもしれません。結婚式は年齢に関係ない晴れ舞台です。今の時代親がしゃしゃり出る結婚式は数少ないものです。結婚が決まれば親族は式を待っています。ですから結婚式を諦めず親族だけのあたたかい式はとてもお勧めです。結婚する時の環境はそれぞれですが環境のせいで諦めてはいけません。

少人数での結婚式の利点は、何といっても参加者との距離が近いことです。大勢の場では忙しすぎて見えてこない部分もよく見え、より思い出に残るはずです。