絶対やってはいけない!お呼ばれの服装のマナー

ドレスの色に気を付ける!

結婚式に招待されたら何着よう!と女性ならワクワクしますよね。結婚式はフォーマルな場なので、服装にもマナーがあります。知らずに着ていくと恥をかいてしまいます。絶対に着てはいけないのは白色のドレスです。白色は花嫁さんの衣装です。ゲストの人が白色を着てしまったらどっちが主役か分からなくなってしまいますね。薄いピンクやクリーム色も遠くから見たり写真に撮ると白色に見えてしまうこともあります。なるべく避けたほうがいいですね。

露出の高いドレスは着ない

ミニ丈のドレスなど極端に露出の高いドレスや体の線が出過ぎてしまうドレスは悪い意味で目立ってしまいます。可愛らしいデザインの物でも、品がないように思われてしまいます。結婚式では、スカートの丈はひざが隠れるものが好まれます。あまりに短いと座った時などに太ももが出てしまうので目のやり場に困ってしまいますよね。袖がないタイプのドレスを着る場合は、肩が隠れるようにボレロやショールを羽織るなどして隠すようにしましょう。

ファー素材の物は使用しない

毛皮や革製品のものは可愛らしく華やかにみえますよね。普段のオシャレで使用するには問題ないのですが、結婚式にはふさわしくありません。ファー素材のものは動物から出来ていますよね。殺生を連想させてしまうので結婚というお祝いの場には似合わないですよね。毛が抜けたりして食事の中に入ってしまう、という可能性もありますね。特に、年配の方によく思っていない人がいるので避けましょう。ボレロやショールだけでなく、カバンや靴などにも使われていないか気を付けてくださいね!

鶴岡八幡宮で結婚式を検討している場合は、公式ホームページにブライダルフェアの日程が掲載されていますので、チェックしてみると良いでしょう。